映画

【映画感想】ポケモン映画『みんなの物語』

投稿日:2018年7月13日 更新日:

 

さゆっとです。

 

 

劇場版ポケットモンスター『みんなの物語』見て参りました。

 

いやー、最高だった。

感想をね、書いていこうということです。

ネタバレは例の如く、いや一番最後を除いてガンガンしていくのでよろぴこ。

 

まあ初日でこの記事見るような人はモチ見てきて、ふせったーとかでアウトプットはしたものの他の人がどう感じたかを共有していけずにはいられない人だと思うので、大丈夫だとは思う。

見てないやつは見ろ。

青少年の夏休みが始まる前に見ておけ。

 

 

ストーリーについて

 

正直なところ、懸念はありました。

というのも、僕の中では昨年映画『キミにきめた!』が最高すぎて心理的なハードルみたいなもんはハチャメチャに高くなってたんですよ。

重ねて、昨日7/12(木)にやってた映画直前特番でしっかりとその素晴らしさ、これは劇場版ポケモンとしてもアニメ系映画としても、を再確認させてくれたんですね。

 

そうなると漠然とした不安として、これ以上面白い映画なんて存在するのか……?てなテンションになるワケで。

かつ、『キミにきめた!』ってアニポケとしては切札みたいなストーリーだったじゃないですか。

 

……という前日までの心内で。

いたわけですけど、まあ杞憂でした。

 

『キミにきめた!』がサトシとピカチュウ、仲間達との出会いと別れ、新たな一歩を描いた作品だとしたら、『みんなの物語』は正に看板に偽りなし、登場人物一人ひとりの物語なんですよ。

 

ちょっと脱線。

『バイバイバタフリー』っていう人気回がありオマージュ(あえてこの表現をします)ができる土台があったにしても、あの時間内で出会いと別れを描写し切るってすげえよ。

そんで仲間ともしっかり別れさすのもすごい。

戻りまして。

 

サトシは主人公として、旅を通して成長したポケモンマスターを目指す少年で、確かにインフルエンサーではあるんだけど、あくまでもキャラクター達はそれぞれの物語の中で自力で成長していくんですよ。

そもそも、僕は成長のできないゴミなので、誰かが頑張って成長していくっていうストーリーに非常に弱いんですが、それを抜きにしても綺麗にまとまってました。

 

街に危機が訪れる原因が、厄災じゃなくて人災なのが個人的に好きなポイントです。

あと、街は危機になるけど別に世界は危機になっていないところも。

 

そんな誰でも彼でも、世界を背負う宿命になんてならないし、その人の世界はその人の周りだけなんですよ。

ポケモンパワーはちょっと笑える表現だけど、そういうことでしょう。

 

自分の物語として、自分の世界を守るためにみんなが協力して助け合って、それで解決するって部分がこの映画のすごい好きなところです。

 

驚きで感動した部分としては、トリト(緑モノクル)の研究発表シーンで、全員を動かしたところです。

おんなじメモリーカード使ってる、とかの明らかな絶対なんか起こるよ感を出して、ちゃんと起こす。

 

あそこは、うわー綺麗って思いました。

ラムのみジュースも非常に綺麗で良かったです。

 

ストーリーで泣かされたところはたくさんあった気もするけど、やっぱりポケモンパワーで成長するところですよね。

イーブイしかりウソッキーしかりラッキーしかり。

ウソッキーのことを相棒って呼んだのもメチャアツで良かった。

 

リサ(ギャル)は初対面だけど、他の人達は再びのポケモンとの出会いを果たしたわけで。

そういう出会い、成長っていう部分は歳関係ないんですよね。

 

 

描写について

 

泣かされた部分として、ストーリー以外でも多くありました。

 

最初っから1番道路アレンジで泣きました。

なんでだろうね、僕もわからない。

 

BGMで号泣したのは、金銀ライバルアレンジ。

シーンとしてはコミカル、とまではいかないけどシリアスではなかったのに、やっちゃいました。

僕、自分でこんなにライバル曲好きだったんだなあって思いました。

 

他には最後のナレーション。

来るのはわかりきってたんだけど、改めて聞くともうダメです。

どこにでもポケモンはいるんだよなあ。

 

で、嗚咽に咽いだのがエンディング後。

 

初日に見に行くし、絶対ネタバレは目に入れないようにして臨みましたが、チラッと目にした「最後まで絶対見とけ」みたいな呟き。

最後まで見る派、なんなら掃除入ってくるまで立てないタイプなので見るのは当たり前で、来年の映画情報見逃すなよみたいなことだろうなあ、ってタカをくくってました。

 

これだけは内容を控えとくわ。

 

でも言いたいので言うけど、泣くのに声を抑えられませんでした。

 

E3の新作発表を見る外国人の動画ってあるじゃん?

こいついきなり叫んでるよwよく今のイントロだけでわかったなWWよっぽど好きかよWWみたいなやつね。

 

あれになった。

 

すまんな、でもゼラオラもらっていいよってとこだけしか邪魔してないから許して。

 

 

ざぁーっと感情の赴くままに認めてみましたが、こんな感じです。

是非この記事に対してでも、Twitterででも、感想の交流ができたら嬉しいです。

 

 

まとめ

 

取り敢えず、ポケモンが好き、好きだったことがあったら見たらいいと思う。

僕は明日もっかい見るし、ルギア爆誕見たいし。

 

映画前CMで細田映画の宣伝してたりしてて、みたいな〰って思うし、世間的な評価は絶対そっちの方がこの夏最大の感動作になるだろう。

またケモっぽいぞ、いい加減にせえや?

 

でも、僕の中にポケモンが好きっていう文脈が存在し続ける限り、越えられないんだよね。

対立煽りとかじゃないことを理解できない奴は死んでくれな。

 

 

諸連絡

 

一応FGOイベ報告もします。

他にも言いたいこといっぱいあるし。

 

こっちについてはガンギレてる。

 

 

あとがき

 

 

せっかく買ったスマホの保護シートを貼る段階でダメにして、2日連続ビカメで保護シート買う奴になりました。

さっきまた失敗したので3日連続です。

 

これって障害者料金で映画見れるようになります?

 

 

以上。

 

-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【FGO】アポイベ報告およびコナンとバーフバリの感想【映画】

  さゆっとです。     遅ればせながらお疲れ様でした。 無事にQPを確保できまして、剣、槍秘石を始めとした各種素材が枯れましたので、十分やり切れたかなという感じです。 …