【雑記】i☆Ris 4th Live Tour北海道公演に行った話

2018年8月29日

 

さゆっとです。

 

互助会のとあるブログでは2日連続で非常にセンセーショナルなエントリがなされているので、必読だぞ。

特に25日の方は、僕もポカーンでした。

 

企業型ゲーム攻略サイトはゲームの公式Twitterにリプライで宣伝するな

 

Vtuberの中の人と弱いオタクの自己顕示欲解放ツール化

 

本題。

 

サブタイトルは『さゆっと、初のライブ』なんですけど、流石にヘルスと同列にするのもどうかと思ったんで、あとちゃんと誰のライブかわかるようにしたかったんで、これ。

 

 

i☆Ris 4th Live Tour 〜WONDERFUL PALETTE〜

 

 

こちらに行ってまいりました。

実は私、ライブというものはこれが初めてです。

 

正確には、嘉門達夫とラ!ファンミには行ったことあるんですが、これらはライブ換算しなくていいと思います。

ファンミもライブパートはあったけど、トークパートがメインだったしね。

 

結論から言いますと、まーーーーーーーーー楽しかった

いやマジで。

隣の席の人には楽しそうに見えてなかったと思うけど、楽しかったです。

 

レポ的に日記的に、溢れる興奮と感情をまとめます。

 

 

入場、開始まで

 

18時頃にZepp Sapporoに到着しました。

そもそも地下鉄中島公園駅って利用する頻度が久しくなかったんだけど、こんな街中にライブ会場があるんだーって感じでした。

 

ところで、めっちゃi☆Risが好きとか公言もしてなかったので、何で急に?みたいに思われるかもしれないんですが、友人のさきさま(山北さん)オタクが誘ってくれたからです。

去年の11月にタワレコのイベントで会ったときに、5月にライブあるんですよーみたいなことを言ってたけど、まさか本当に誘ってくれるとは。

 

クッソ寒い中で数十分待ち、中に入ります。

ここからはもう1人、戦場に投げ出されたわけです。

 

頼れるものはチケットの半券とドリンク交換のコインだけ。

助けて安室さん、とバーボンロックを注文し、飲み干す。

少量のジム・ビームを出すな。

 

席に移動します。

前方中央の、ステージ全体が見渡せる絶好の席です。

 

座席番号が貼ってある下に、カードケースがくっついていた(JRの座席みたいな感じ)ので、なんとなく半券入れておいたら、隣の人が同じように入れてて面白かったです。

多分、僕がソーサーで紅茶を飲んでいたのを見て、中世式のマナーですな?と合わせてくれたんでしょう。

おそらく会場で2人だけやってました。

 

ちなみに、隣の人は僕が開始前にお手洗いに行く際、荷物見といてくれるよう頼んだら、帰ってくるまで持参したぬいぐるみを席に置いておいてくれていたので、良い奴です。

 

 

ライブ開始

 

いやーーーーーーー楽しかった。

 

特別、i☆Risが好きってわけでもなく、プリパラはすごい好きなのでその曲もまあ好きだよ、くらいの僕でも非常に楽しめました。

すごい近かったのもあって、パフォーマンスに圧倒された。

あんな表情のひとつひとつまでわかるもんなんスね。

アルバムの曲がメインだったので、知ってる曲も多かったし、それこそプリパラで毎回聴いた曲だ!みたいのも多かったし。

 

で、ですよ。

アイドルの振り付けって指差すじゃん?

あれダメだわ、恋する

 

友人氏がさきさまのイカついおっかけなので、山北さんが道民で、僕の隣に住んでる女子大生にちょっと似てるってのと、澁谷さんが笑うと可愛い、っていう知識しかありませんでした。

なので、最初見てるときも知ってる人達に目が向くんですね。

でも、だんだん進んでいく内に、場面でポイントで目が奪われるんです。

これはね、恐ろしいことですよ。

 

いつの間にかi☆Risのファンになってしまってたわけですね。

あの笑顔が離れない。

助けてくれ。

 

 

まとめ

 

いや、マジで誰が好きなのかわからん。

助けてくれなくていいから、せめて僕は誰が好きなのかを教えて欲しい。

苦しい。

好き。

 

4th出たらまたよろしくお願いします。

 

 

あとがき

 

 

 

 

以上。

 

その他

Posted by Sayoutto